学生が集まる!効果的な家庭教師バイトの求人広告の出し方とは

効果的な広告の必要性とは

以前は、学生のアルバイトといえば家庭教師というのが当たり前でした。 しかし、就職活動や大学生の意識が大きく変わる中で、学生時代に経験するアルバイトにも少しずつ変化が訪れているようです。 特に、就職活動を考慮して有給インターンシップ等のアルバイトに参加する学生が増えているようです。

今までのアルバイトの求人広告とは

家庭教師を含むアルバイトを募集するためには、各種媒体に求人広告を出す必要があります。 今までは、ハローワークや求人広告冊子に求人広告を載せることが主要な募集方法となっていました。 現在主要な方法となりつつある新しい求人募集方に関して見る前に、従来型の募集方法について確認してみたいと思います。

近年の家庭教師アルバイト募集方法とは

アルバイトの募集をかけるためには、ハローワークや求人広告冊子に求人広告を掲載してもらうことが重要でした。 しかし、近年は状況が変化してきています。 インターネットを通じた求人広告が増えており、従来の広告を圧倒しています。 また、アルバイトを志望する人のニーズに合わせた広告の出し方も重要になっています。

学生バイトの現状とは

アルバイトの募集をかける際、広告を出せば求人がたくさん集まるとよく言われます。
しかし、実際のところは少し状況が変わってきているようです。

というのも、アルバイトに応募する大学生や主婦の方たちも仕事を選ぶようになり、単純な広告の出し方では人が集まらないことも多いようなのです。
特に、大学生の方は就職活動を見据えて、有給インターンシップ等の自分自身のスキルを高めることができるアルバイトを選択する傾向が最近は高まっているようです。

ですので、ハローワークやアルバイト求人冊子等の今までの従来の募集方法のみでは、必要な人材を集めるのに不十分になってしまっているようです。
求人広告の媒体を豊富なものにすることで、よりアルバイトを探している大学生や主婦の方との接触回数を増やすことが重要になってきています。

また、アルバイトを志望する方のニーズにも注目することが必要です。
先程の有給インターンシップでも触れました通り、近年、大学生の方の多くはアルバイトを通じて自分自身のスキルを高めたいと考えるようになってきています。
そこで、単なるお金稼ぎのためのアルバイトではなく、業務を通じて得ることができるものを強調したアルバイト求人広告を出すことが、募集を集める上で効果的になっているようです。

以上のことを踏まえて、今回は、近年の大学生のアルバイトに対する意識と家庭教師アルバイトを集める上で効果的な広告の出し方について見ていきたいと思います。

TOPへ